インターネットFAXのおすすめランキング!人気のクラウド型サービスを料金・機能・サポート内容まで徹底比較!

インターネットFAXは建築現場でも大活躍!その理由は?

公開日:2023/04/15

建築

FAXは、建築現場では欠かせないツールのひとつです。しかし、従来の電話回線のFAXではトラブルが起きたり、効率が悪かったりという問題点があるのも事実です。そのため、近年ではインターネットFAXが大活躍しています。そこで今回は、インターネットFAXが建設業で活躍している理由や、建築現場に導入するメリットなどを解説します。

建築の現場ではFAXが欠かせない?

建築の現場では、今もなおFAXは仕事に欠かせないツールとなっています。ここでは、建築の現場でFAXのやり取りをする理由を解説します。

見積書

建築の現場では、手書きの見積書をFAXでやり取りすることが多いです。現場を見ながら手書きで数量を確認していくため、パソコンなどといった大きな機器を用いると、かえって邪魔になります。

手書きの見積もりをそのまま送れるFAXは、建築の現場と非常に相性のよいツールなのです。これは、見積書を発注している側にとっても、手書きの見積書をFAXで転送されたものを管理できるため、効率がよいという点もあります。

図面

建築の現場で使用する施工図や設計の仕様書などを現場に送る際は、一般的にFAXを利用します。メールで図面データが送られてきても、それを印刷して管理する手間が発生してしまいます。そのため、印刷して送られてきたほうが、面倒な作業をする必要がないことや、間違いが起きにくく管理しやすいことから、FAXが重宝されることが多いです。

日時の連絡

現場で作業する日の連絡を電話だけで行うと、勘違いなどが起こり、トラブルの元になります。そのため、FAXを利用して書面で残すようにしています。メールで連絡する場合もありますが、基本的にすべてFAXでやり取りしているので、日時や現場の住所などもFAXで連絡することが多いです。

建設業でも大活躍中のインターネットFAX

建設業でインターネットFAXは活躍していますがどうしてなのでしょうか。ここでは、建設業でインターネットFAXが活躍している理由を解説します。

トラブルを避けられる

建設現場の事務所で使う機材は、すぐに事務所を移動できるように必要最低限で揃えられていますが、その中でも重要とされているのがFAXです。建設現場ではトラブルを避けるために、FAXで建設資材の受発注を行って書面で管理します。

しかし、これまでは現場監督が受発注の内容を確認できなかったり、文字がかすれて読めなかったりとトラブルになることもありました。その問題点を解決するためにインターネットFAXは活躍しています。

インターネットFAXは、ネット回線につながっている端末があれば、事務所に戻ることなくその場でFAXの内容を確認できるうえ、文字がかすれて見えないといったこともありません。また、受信だけでなく、スマホがあればその場から必要なFAXの送信ができるという点でも便利です。

トラブルを避けられるだけではなく、外出先からFAXの送受信ができることでも、建設現場では重宝されています。

作業の効率化が図れる

従来のFAXは、受信してから印刷が終了するまで時間がかかります。しかし、インターネットFAXは、データを見るだけなら印刷する必要がなく、受信した瞬間に内容を確認できます。そのため、印刷が終了するまで待っている時間がなくなり、作業の効率化が図れる点も建設業で活躍している理由です。

また、印刷する必要がないということは、用紙やインクも必要ないということなので、ペーパーレス化や消耗品にかかる費用が削減できるため、インターネットFAXは人気があります。

建築の現場にインターネットFAXを導入するメリット

建築の現場にインターネットFAXを導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、建築の現場にインターネットFAXを導入するメリットを解説します。

図面を印刷する必要がない

建築の現場で、下請け業者と作業内容を確認する場合は図面が必要になりますが、従来のFAXでは図面を印刷する必要がありました。しかし、インターネットFAXは印刷する必要がなく、受信だけであれば実質無料ということが多いです。そのため、コストをかけずに下請け業者と打ち合わせできることは大きなメリットといえるでしょう。

電話回線の契約が不要

従来のFAXを設置して使用するためには、電話回線の契約をして回線工事をする必要あったため、初期費用がかかっていました。しかし、インターネットFAXは電話回線の契約をする必要がなく、ネット回線につながっているパソコンやスマホなどの端末からいつでも送受信が可能です。また、FAXの設置は不要ですが、従来の電話回線のFAXとも送受信できるので不便さを感じることはないしょう。

まとめ

建築の現場では、手書きの見積書のやり取りや、施工図や設計の仕様書、日時の連絡などをFAXで送っているため、FAXは欠かせないツールです。建設業でもインターネットFAXは活躍していますが、理由として従来のFAXでは現場監督が受発注の内容を確認できなかったり、文字がかすれて読めなかったりというトラブルを避けられるからです。そのほかにも、作業の効率化が図れるということがあります。建築の現場にインターネットFAXを導入するメリットは、図面を印刷する必要がないためコストを削減できることや、電話回線の契約が必要ないため初期費用がかからないことです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【インターネットFAX】人気クラウド型サービスランキング
クラウドFAX(インターネットFAX)コラム

【インターネットFAX】人気クラウド型サービスのランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名valueFaxBizモバックスeFax(イーファックス)秒速FAXメッセージプラス
おすすめポイント業界最安値級!テレワークでもスマホ・パソコンから簡単操作で使えるFAX月々980円から使える機能豊富な国産サービス世界1,200万人が愛用するファックスブランド従量課金制で使った分だけ無駄なく利用できるセキュリティにもこだわりたい方におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく