インターネットFAXのおすすめランキング!人気のクラウド型サービスを料金・機能・サポート内容まで徹底比較!

インターネットFAXの画像解像度とは?カラー画像の送り方を解説!

公開日:2022/10/15


FAXというと複合機を使用したデータの送信というイメージがありますが、最近ではメールやブラウザを利用したインターネットFAXが普及しています。この記事では、インターネットFAXと画像解像度についての詳細、インターネットFAXで画像データを送る際の注意点を詳しく解説します。インターネットFAXを使用する予定がある人は、ご一読ください。

インターネットFAXで画像の送信は可能?

インターネットFAXではさまざまな形式のファイルをやり取りできますが、画像を送信することは可能なのでしょうか?ここでは、インターネットFAXの詳細、画像データの送信可否について解説します。

そもそもインターネットFAXって?

インターネットFAXは、インターネット上のメールやブラウザを利用することで相手にファイルデータを送るためのサービスを指します。インターネットFAXを利用してやり取りできるデータは、PDFやWord、Excel、PowerPointなどです。また、インターネットFAXの提供元となる企業によっては、GIFやJPGのデータも送信可能です。

画像データを送ることは可能?

GIFやJPG形式の画像を送れるかどうかは、サービス提供企業によって異なります。しかし、送信したい画像をPDF形式に変換すれば、どのインターネットFAXでも画像を送信することが可能です。GIF・JPGは画像そのもののデータであるのに対し、PDFは画像を貼り付けた状態で保存してあるデータのことを表します。

そもそも画像解像度とは

画像の送信を行う際によく耳にするのが「画像解像度」という言葉です。そもそも解像度とは、1センチに入るピクセルの密度を示します。解像度に使われる単位は「dpi」であり、解像度が低いと荒い画像に、逆に解像度が高いと鮮明で美しい画像となります。

インターネットFAXできれいな画像を送るには、できるだけ解像度が高いものを選ぶのがよいでしょう。

ただし、あまりに解像度が高いデータはそもそも容量オーバーとして送信できないケースもあります。また、解像度が高いデータは容量が大きい分送信にも時間がかかってしまい、スムーズにスキャンできないことにストレスを感じる人もいます。

カラー画像を送るときはモノクロにしなくてはならない

前述の通り、インターネットFAXでは画像をカラーのままでやり取りできません。そのため、カラー画像を送信する際には、まずは画像をモノクロに変換することが必要です。

インターネットFAXではモノクロ画像のみ送信可能

インターネットFAXでは、カラー画像の送信ができません。モノクロではなくカラーでやり取りしたい場合は、インターネットFAXではなく複合機でのFAX送信を利用するのがよいでしょう。ただし、FAXを使ってカラー画像を送信すると、画質が荒くなりやすかったり、容量の大きさから通信・送信に時間がかかりやすくなったりします。そのため、FAXは文章の送信メインで使用されるケースがほとんどです。

また、通信速度が遅くなると送信に時間がかかってしまうだけでなく、FAXにかかる送信料も高くなるというデメリットもあります。このことから、そもそもFAXを使ってカラー画像を送信したいというニーズ自体が少なく、インターネットFAXではカラー画像の送信に対応していないだけでなく、複合機においてもカラー画像送信の機能を備えたものは少ないのが現状です。

画像送信前にモノクロにしておこう

インターネットFAXで画像データをやり取りする際は、まず元となるカラー画像をモノクロ画像へと変換させることが必要です。カラー画像をそのまま送ってもモノクロ画像として相手の元に届きますが、送信にかなり時間がかかってしまいます。変換方法は使用するソフトによっても異なりますが、基本的には色味の調整によってモノクロにするか、グレースケールという選択タブがあればそれを利用することでモノクロ画像にすることが可能となります。

注意点として、送信用のモノクロ画像を作成した後でも、万が一のために元となるカラー画像は保存しておくのが無難です。モノクロ画像へと変換した際の保存方法によっては、元の画像が消えて上書きされてしまうケースもあるため、複製コピーなどで元画像を残しておくのもおすすめです。

インターネットFAX送信時の画像解像度

インターネットFAXの解像度は「200×200dpi」または「200×100dpi」となっていることが多いです。文字だけを送信する場合はそのままで構いませんが、画像を送信するのであれば、ファイルを縮小してデータを作成したり、PDFに変換しておいたりすることで、スムーズに画像を送信できるよう工夫しましょう。

また、とにかくファイルを圧縮すればよいというわけではなく、送信する内容や目的に合わせて、相手が見やすい状態に調整することが重要です。インターネットFAXをうまく利用するためにも、やり取りの目的やシーンに合わせた調整のバランスを見極めましょう。

まとめ

今回は、インターネットFAXと画像送信について詳しく解説しました。インターネットFAXはメール・ブラウザを利用してデータを送る方法であり、画像の送信をすることも可能です。ただし、インターネットFAXではカラー画像は送信できないため、送信前にモノクロ画像へと変換しておくことが必要です。インターネットFAXを利用する際の画像解像度は、送信する内容や目的に合わせて調整しなければなりません。画像を送る際はファイルを圧縮したりPDFに変換したりするなどして、相手に伝わりやすいバランスを心がけましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【インターネットFAX】人気クラウド型サービスランキング
記事一覧

【インターネットFAX】人気クラウド型サービスのランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名valueFaxBizモバックスイーファックス秒速FAXメッセージプラス
おすすめポイント業界最安値級!テレワークでもスマホ・パソコンから簡単操作で使えるFAX月々980円から使える機能豊富な国産サービス世界1,200万人が愛用するファックスブランド従量課金制で使った分だけ無駄なく利用できるセキュリティにもこだわりたい方におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく