インターネットFAXのおすすめランキング!人気のクラウド型サービスを料金・機能・サポート内容まで徹底比較!

インターネットFAXと複合機・プリンターは何がどう違う?

公開日:2022/09/15


近年、多くの人に利用されているインターネットFAXは、データでFAXのやり取りができる便利なサービスです。似たような機器には複合機やプリンターなどがありますが、それぞれの特徴や具体的な違いには、どのような点があるのでしょうか?ここでは、インターネットFAXと複合機、プリンターの特徴の違いについて詳しく解説します。

複合機とは

複合機の概要やできること、コストについて解説します。

複合機の概要

複合機は、スキャンしたデータを遠隔地に送信するための機械です。つまり、FAXを送信するための機械を指します。

複合機でできること

複合機では、文書の送受信ができます。たとえばある地点を伝えたい場合、電話ではうまく伝えられない複雑な場所であっても、複合機を使用して地図を送ることで、受け手はスムーズに場所を把握することが可能です。また、見積もりや注文に関する書類などをすぐに届けたい場合などでも、複合機を利用してFAXを送ることで、わざわざ足を運ぶ手間が省けます。

複合機にかかるコスト

複合機の使用にかかるコストは、複合機の購入費用やインク・用紙にかかる費用、FAX送信の際の通信費などです。また、経年劣化によって故障した場合には、修理料金や買い替え料金も必要となります。

プリンターとは

プリンターの概要やできること、コストについて解説します。

プリンターの概要

プリンターとは、パソコンなどのデータを出力して印刷することで、紙ベースとしてデータを残すための印刷機です。しかし、最近ではFAX機能やスキャナー機能を備えたプリンターが増えており、単純に印刷機としてだけ利用する機器は、ほとんど売られていません。

プリンターでできること

プリンターは、パソコン画面を紙ベースで残したい場合に、画面データを用紙に印刷できます。印刷方式は、インクジェット方式・レーザー方式の2種類です。そもそもプリンターの使用回数が少ない家庭用の機器などでは、インクジェット方式を採用したプリンターが多く、反対にプリンターの使用頻度が高く、スピーディーに大量印刷を行いたい場合には、レーザー方式のプリンターが向いています。

プリンターにかかるコスト

プリンターにかかるコストは、インクジェット方式・レーザー方式のどちらを採用しているかによっても異なります。基本的に、インクジェット方式はプリント1枚あたりの単価が安く、レーザー方式では1枚あたりの単価が高いです。

インターネットFAXとの違い

これまで複合機・プリンターの概要やできること、コストについて確認しました。それでは、複合機やプリンターは、インターネットFAXと比較してどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、インターネットFAXの概要や複合機・プリンターとの違いについて解説します。

インターネットFAXの概要

インターネットFAXは、インターネット上のブラウザを介してデータをやり取りするFAXです。基本的には専門業者に依頼して送信を行います。

インターネットFAXでできること

インターネットFAXでできることは、データの送受信です。紙ベースではなくデータでやり取りを行うため、インクや紙などの消耗品も用意する必要がありません。また、専門業者によってはGIFやJPGなどの画像データを送信できるケースもあります。GIFやJPGに対応していない場合でも、PDFに変換することで画像を送信できます。

インターネットFAXにかかるコスト

インターネットFAXを利用するには、初期費用・月額料金・送信料が必要です。初期費用は0円の事業者もあれば、5,000円ほど支払わなければならないケースもあります。また、ひと月のFAX利用数に応じて、月額料金の支払いも必要です。さらに、FAX1通あたり10円前後の送信料がかかります。

複合機・プリンターとの違いとは

インターネットFAXと複合機の違いは、機器を必要とするかどうか、紙ベースでやり取りするかどうかです。インターネットFAXには複合機のような機器の購入は不要ですが、複合機は機器本体を購入しなければなりません。また、インターネットFAXはデータをやり取りするのに対し、複合機は紙ベースでやり取りを行います。インターネットFAXを利用すればデータにて情報を管理できるため、用紙がかさ張って保管に困ることもありません。

また、インターネットFAXとプリンターとの違いは、送受信できるかどうかという点です。インターネットFAXは、自分以外の相手へ向けてデータを送信することが可能です。プリンターはパソコン画面を用紙に印刷できるものの、その内容を他の誰かの元へ送ることはできません。あくまで自分の保管用として紙媒体に印刷するだけの機器がプリンターであり、インターネットFAXは出力機器としての機能も持ちながら、送信側からは入力機器としての役割も果たします。

まとめ

複合機はFAXを送信するための機械であり、遠隔地の相手に紙ベースでデータを送信できます。プリンターはパソコンなどのデータを紙媒体に印刷するための機器で、パソコン画面を紙ベースで保管したい場合には有効ですが、他の誰かに向けてデータを送信することはできません。インターネットFAXはインターネット上のブラウザを通してデータをやり取りするFAXであり、コストを抑えてダイレクトメールを送りたい場合などに重宝されています。それぞれの特徴をよく理解して、自身に合った方法を選びましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【インターネットFAX】人気クラウド型サービスランキング
記事一覧

【インターネットFAX】人気クラウド型サービスのランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名valueFaxBizモバックスイーファックス秒速FAXメッセージプラス
おすすめポイント業界最安値級!テレワークでもスマホ・パソコンから簡単操作で使えるFAX月々980円から使える機能豊富な国産サービス世界1,200万人が愛用するファックスブランド従量課金制で使った分だけ無駄なく利用できるセキュリティにもこだわりたい方におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく