インターネットFAXのおすすめランキング!人気のクラウド型サービスを料金・機能・サポート内容まで徹底比較!

FAXがあるのは日本だけ?いまだにFAXを使い続けている理由とは

公開日:2023/09/15


FAXは、日本では今でも広く使われている通信手段のひとつです。海外では既に時代遅れとなっているFAXですが、日本ではなぜ今でも使われ続けているのでしょうか?この記事では、FAXの普及の歴史や日本での特殊な事情について解説し、なぜFAXが今でも必要不可欠な存在となっているのかについて解説します。

FAXを使っているのは日本だけ?

FAXは、電話線を介して画像や文書を送信する機器で、1970年代には日本で一般的に使用されるようになりました。しかしその後、メールやクラウドストレージ、スマートフォンアプリなどの新しい技術が普及し、FAXは時代遅れの技術となっているのです。しかし、FAXはまだまだ根強い需要があり、日本以外でもアメリカ、ドイツ、フランス、イギリスで今でもFAXが現役で使われています。

なぜなのかというと、その理由のひとつとして、電子的なデータ送信にはセキュリティ上のリスクがあることが挙げられます。情報漏洩の危険性があるため、機密情報や個人情報を扱う業務においては、FAXで送信することが求められるのです。また、FAXは、受信する側が印刷することで、紙の文書として扱うことができるため、文書の保管や手書きの署名など、紙の文書が必要とされる場面で使用されることもあります。

日本の公的機関や企業はFAXを使い続けていることが多い

日本では、公的機関や企業がFAXを使用していることが多く、FAXを使わない場合、情報のやり取りができないことがあるのです。とくに、医療業界では、患者情報のやり取りにFAXが必要な場合が多いため、医療従事者はFAXを使用する必要があります。FAXが必要不可欠な日本において、FAXの新しい技術も生まれました。

最近では、クラウドFAXという新しい形態が登場。クラウドFAXは、FAX機器を使用せずに、インターネットを介して文書の送信や受信ができるもので、スマートフォンやパソコンから操作することができます。これにより、従来のFAXの問題点であった紙の文書の保管や環境問題などが解決されるでしょう。日本では、まだまだFAXは重要な通信手段として使用されており、今後もFAXが時代遅れとなることはないでしょう。

デジタル化が進む現代においてもなぜFAXがなくならないのか?

現代において、デジタル技術の発展にともない、多くの業務がオンライン化され、電子メールやクラウドファイル共有ツールなどが当たり前のように使われるようになりました。しかし、FAXという紙媒体の通信手段はなぜなくならないのでしょうか?その理由はいくつかあります。

文書を確実に転送できる

FAXは文書を正確に転送できるという利点があります。電子メールやクラウドファイル共有ツールでも、データの不備や通信エラーによって正確に文書を転送できない場合がありますが、FAXならばそのような問題を回避することができます。

セキュリティ面のリスクが低い

FAXはメールなどのオンライン通信に比べ、セキュリティ面でのリスクが低いという特徴があります。電子メールは不正アクセスやウイルス感染のリスクがあるため、機密性の高い文書を扱う際にはFAXが選ばれることがあるのです。

ビジネスシーンで役立つ

日本においてはFAXを使うことが一種の商習慣として根付いているという側面もあります。日本企業では、取引先とのやり取りでFAXを使用することが多く、そのやり取り方法が定着してしまったため、なかなか変えることができなくなっているのかもしれません。

FAXをビジネスシーンで使い続けるメリット

デジタル化が進む現代でも、FAXを使い続けるメリットには、いくつかの点があります。

安全性が高い

まず第一に、FAXは安全性が高いという点が挙げられます。メールなどの電子媒体は、不正アクセスやウイルス感染などの危険性がありますが、FAXは有線で接続された通信回線を介してデータを送受信するため、セキュリティ面で優れています。

手軽に送信できる

FAXは手軽に送信することができる点があります。インターネットに接続していない場所でも、専用の回線があればFAXを送信可能です。また、手書きの書類や印鑑などをスキャンして電子データに変換する手間も省けるため、事務作業の効率化につながります。

認知度が高い

FAXは認知度が高く、普及しているため、相手先でもFAXを受け取ることができる場合が多いです。また、FAXは「送信済み」の確認が容易であるため、送信した書類が相手先に届いたかどうかがすぐにわかるのです。

まとめ

ここまで、なぜ現代でもFAXがなくならないのかについて調査しました。FAXが今でも利用され続ける理由は、日本独自の文化や法律上の理由、技術的な信頼性などが一因とされています。また、FAXの利用メリットとしては、手書きサインや封筒不要などの手軽さ、データ改ざんを防げるなどのセキュリティ性が挙げられるでしょう。さらに、海外にはまだまだFAXを使い続ける国が存在することから、依然としてFAXがビジネスシーンで重宝されていることが伺えます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【インターネットFAX】人気クラウド型サービスランキング
クラウドFAX(インターネットFAX)コラム

【インターネットFAX】人気クラウド型サービスのランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名valueFaxBizモバックスeFax(イーファックス)秒速FAXメッセージプラス
おすすめポイント業界最安値級!テレワークでもスマホ・パソコンから簡単操作で使えるFAX月々980円から使える機能豊富な国産サービス世界1,200万人が愛用するファックスブランド従量課金制で使った分だけ無駄なく利用できるセキュリティにもこだわりたい方におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく